社員インタビューInterview

介護事業部/櫻井 雄基

2017年中途入社

櫻井 雄基

介護事業部

運命的な出会い

運命的な出会い

当社の代表との出会いは2017年7月のことでした。
新たな事に挑戦しようと模索していたところ
代表との運命的な出会いを果たしました。
代表の考えや人柄に惹かれたことに加えて
なにより、私自身の挑戦を後押ししてくれる環境から入社を決意しました。

介護施設を見たことはありますか?

介護施設と聞くとマイナスイメージを抱かれる方は少なくないと思います。
しかし、自分の家族にも介護が必要となる時はいずれやってくるのです。
介護に関する制度や法律は非常に複雑で、介護施設といっても様々な施設があります。
自分の家族が利用すると不安でいっぱいになりますよね。
我々の主な仕事内容は、最適の介護施設を提案し、入居に向けたサポートを行います。

介護事業の可能性を感じています。

感謝の言葉を頂けることに”やりがい”を感じます。

当社のビジネスモデルは、
既存の介護事業ではカバーしきれないサービスを提供しており
世間的には認知度が低く、まだまだ発展途上の業態です。
今後は事業拡大していく事に加えて、介護に対するイメージの転化を目指しています。

継続

何事においても継続し続ける事が最も大きな課題だと考えています。
日々の業務において変化を起こす事は、非常に大切な事であり
変化自体を起こすことは、それほど難しいことではありません。
"継続"することが本当に難しいのです。
恐らく社内で最も”3日坊主”と呼ばれることに相応しい私でありますが
あらゆる手段を行使し、課題解決に奮闘しております。

最初の一歩はあなた次第

挑戦する機会を与え続けてくれる会社です。
自らの”役割”を見出したい方、あなたの力を必要としています。
幅広い年齢層で、代表含め社員達の距離が非常に近い環境です。
あなたの知見が広がること間違いなし!

SNSでシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加